So-net無料ブログ作成
検索選択

中国四千年? 中国茶占い [占い・チェック]

みつけたのでやってみました。

やりたい方はこちら


続きは「READ MORE」にて!!yellow_tea.gif







































中国茶占い

♂黄茶タイプの男性



【印象】

人生全般で、とにかく、他の人に比べ、変化や思い出深いエピソードが多く、それが時に両親の離婚だったり、転校だったり、親しい人との死別だったりするわけですが。あれこれ人生にもまれている割には、ひねくれた部分が見られず、印象的には、非常にさわやかで、緑茶の男性と同様、非常に好青年な雰囲気をかもし出す男性です。



しかし、いざ、深く話してみると言葉の一つ一つに年齢の割りに、非常に含蓄があり、やはり、黄茶の男性が歩んできた独自の中身の濃い人生の影響が出ている様に見受けられます。



また、しぐさや話し方に品があり、どこか高貴な雰囲気で、時に近寄りがたいような空気をかもし出す一面もあります。人によっては、先祖が、名のある名士で由緒ある家系だったりするので。心あたりのない人も、一度、家系図でも調べてみては?





【性格】

自分自身があれこれ苦労しているせいか、人の悩みごとなどに非常に親身になります。また、このタイプの人生訓には、自身の経験が根ざしており、自らの経験を踏まえながら語り、しばしば、その友人は感動覚えます。



【人生プロセス】

「殺青」→「揉捻」→「初ほん」→「悶黄」→「復ほん」→「悶黄」→「乾燥」

中国茶占いの中でも人生に最も変化の多いタイプの男性で、あれこれ揉まれてる割には、ひねてないのが特徴です。ただ、その苦労の数はナカナカのもので、自身の努力によって一つ一つを上手く昇華させてゆく必要があります。数多くの人生の浮き沈みを、上手く経験することで、年齢を重ねるごとに人柄にいい深みが出てきます。



【向いてる職業】

医師・弁護士・公務員



【性癖】

黄色というのが、エンペラーカラーだからでしょうか?皇帝だからでしょうか?夜の際は、女性側に完全奉仕を強いります。王様で居たいのです。言うなれば「男マグロ」です。女性がせまってくると、「俺は寝てるから、お前が動け」などと平気でいいだすからたまりません。奉仕好きな女性ならばそれでもいいでしょう。けれど、最初は好きだからこそ、頑張っていた相手の女性も、彼のやる気の無さに、次第に怒りを覚えてしまいます。そんな彼は実は、ぶっちゃけてしまうと性行為自体をあまり好きではありません。それゆえ、「したくないのに、やってやっているのだから」という精神になってしまうのでしょう。加え、自分から奉仕させておきながら、「なんて、下品な女なんだ、そこまでしたいのか?」と半分軽蔑すら覚えてしまう彼であります。そんな彼とは、夜のデートを楽しむより、日中のデートを楽しんだ方がよさそうです。



【ラッキーカラー】

黄色



ちょ〜私はひねくれ者なのですが…

でも、苦労している点では合ってるかも?

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る